転勤族の我が家。
これまでも、何度も引越しをしてきましたが、そんな生活にももう慣れちゃったかな、そんなことを思っていました。しかし松戸に越してからというもの、二人の子供たちの様子がおかしいのです。黙りこくっての一人遊びが増えたこと、学校の様子を聞いても、ごにょごにょときちんと話さないこと。友達が多く、いつも飛び回っているようなタイプだったのに、これはまずいと危機感を抱きました。

とはいえ、夫は忙しく・・・以前韓流にはまり、新大久保で占ってもらったときにすごく当たっていたことがあり、近くにないかな~と、ネットで検索して訪れたのがこちらの、船橋の母の占いでした。

子供って敏感ですね。気づきませんでした。もう慣れたはずの、根無し草のような転勤生活や、夫が忙しく夫婦の仲に距離があること、どちらもつらいはずなのに、わたしは気付かぬふりをしていました。その、押し込めた気持ちが子供たちにはひしひしと伝わって、親の代わりに子供たちがつぶれそうになっていたなんて。

船橋の母の占いはどんぴしゃり。占ってもらった日は、帰りにしばしカフェで呆然としたのち、わたしに何が出来るかなと、その晩は子供たちの好物を用意してあげました。わたしの何かが伝わったようで、子供たちの妙に素直な姿に心が痛みました。家族でもっと幸せになるために、また母のもとを訪れたいと思っています。