結婚が決まってから、どんどん憂鬱になってとても困ってしまい、西船橋よりこちらに占ってもらいに来ました。
周りの友人たちに相談すると、「マリッジブルーだね」と軽く言われてしまいました。母親に相談すると、「そんな贅沢な」と怒られてしまいました。マリッジブルーという言葉はわたしも知っているし、そういうこともあるのかなあということは分かるのです。両家の顔合わせや、結納の日取りを決めたりなど、結婚への階段が多いことや、これから来る環境の変化を考えると、結婚して生まれた家を出ることに対し緊張することは当然だと思うのです。ただ、そのことを彼に話すのがとても怖いのです。彼はプロポーズの後、まるで亭主関白かと思えるように振る舞ったり、なんだか話しかけることすら戸惑うような感じになってしまったのです。ひょっとして、ものすごく相性が悪いのかなあとか、わたしがまだ子供かなあと悩んでいましたが、母の占い結果と、おおらかなアドバイスをもらって、とても気が楽になりました。結婚がゴールだということではないのですよね。このまま、(彼には、のほのんとしてるねとあきれられてしまうこともありますが)わたしなりに頑張って、彼と生きていくぞ!と思えてほんとうによかったです。